2019 SPEAKER

  • 2014
  • 2015
  • 2016
  • 2017
  • 2018
  • 2019

▼ サムネールをクリックすると、各ドクターの来歴がご覧いただけます ▼

  • 尾島 賢治 先生
  • 有本 博英 先生
  • 久保田 衛 先生
  • 坂本 紗有見 先生
  • 大内 仁守 先生
  • 村上 久夫 先生
  • 大多良 俊光 先生
  • 安 吉祐 先生
  • 堀内 淳 先生
  • 檀 知里 先生
  • 西山 力 先生
  • 尾島 賢治 先生
  • Werner Schupp 先生
  • Yau Yi Kwong 先生
  • Narandr Chevangkul 先生
  • 有本 博英 先生
  • 篠原 範行 先生
  • 久保田 衛 先生
  • 坂本 紗有見 先生
  • 大内 仁守 先生
  • 村上 久夫 先生
  • 安 吉祐 先生
  • 石井一裕 先生
  • 檀 知里 先生
  • 尾島 賢治 先生
  • 菅原 準二 先生
  • Werner Schupp 先生
  • Yau Yi Kwong 先生
  • Narandr Chevangkul 先生
  • Francesco Garino 先生
  • Tommaso Castroflorio 先生
  • Kamy Malekian 先生
  • Sabrina Huang 先生
  • Wolfgang Boisserée 先生
  • 有本 博英 先生
  • 篠原 範行 先生
  • 河村 純 先生
  • 岡藤 範正 先生
  • 久保田 衛 先生
  • 坂本 紗有見 先生
  • 村上 久夫 先生
  • 安 吉祐 先生
  • Louis-Charles ROISIN 先生
  • 檀 知里 先生
  • 熊谷 友理子 先生
  • 尾島 賢治 先生
  • Ravi Nanda 先生
  • 菅原 準二 先生
  • Werner Schupp 先生
  • Yau Yi Kwong 先生
  • Narandr Chevangkul 先生
  • Francesco Garino 先生
  • Tommaso Castroflorio 先生
  • Kamy Malekian 先生
  • Wolfgang Boisserée 先生
  • David Couchat 先生
  • Sam Daher 先生
  • Stephen Chang 先生
  • 有本 博英 先生
  • 渡辺 仁資 先生
  • 村上 久夫 先生
  • Louis-Charles ROISIN 先生
  • 檀 知里 先生
  • 尾島 賢治 先生
  • Ravi Nanda 先生
  • 菅原 準二 先生
  • Yau Yi Kwong 先生
  • Narandr Chevangkul 先生
  • Kamy Malekian 先生
  • David Couchat 先生
  • Sam Daher 先生
  • Waddah Sabouni 先生
  • Alessandro Mario Greco 先生
  • Ken Sirikrai 先生
  • Chen ChengWei 先生
  • 渡辺 仁資 先生
  • 村上 久夫 先生
  • 檀 知里 先生
  • 尾島 賢治 先生
  • Ravi Nanda 先生
  • 菅原 準二 先生
  • Yau Yi Kwong 先生
  • Narandr Chevangkul 先生
  • Nikhilesh R Vaid 先生
  • Hoi-Shing Luk 先生
  • Huang Hsuan-Ju 先生
  • 渡辺 仁資 先生
  • 中川 正治 先生
  • 伊藤 啓介 先生
  • 牧野 正志 先生
  • 横谷 浩爾 先生 先生
  • 瓜生 和彦 先生
  • 檀 知里 先生
  • 熊谷 友理子 先生

横谷 浩爾 先生 先生 青山外苑矯正歯科

講演・研修イベント

第6回 日本アライナー矯正歯科研究会 (2019)
[前歯部アンキローシスがあるが、小臼歯4本抜歯を行ったアライナー矯正治療]
Case report of Premolar extraction with Anterior ankylosis
矯正治療を行う上でアンキローシスを起こした歯の移動は予後も悪く、目標値までアンキローシス歯を移動させることは困難なことが多い。今回、上下左右4番抜歯をしたが上顎前歯部アンキローシスがあった症例。マウスピースによる治療を行い終了した患者様を報告する。【症例】初診時年齢25歳10か月の女性【主訴】口元の突出感を改善したい【所見】顔貌所見として、正貌は下顎がわずかに右遍。側貌はconvex type、上下口唇の突出を認める。下顎が下後方回転、retrognathiaが認められる。大臼歯関係はAngleⅡ級、overjet+5.1mm、オーバーバイト0mmである。セファロ所見ではSNA+83.3°、SNB+75.9°、ANB+7.5°(+2SD)、Gonial.a139.0°(+3SD)、Cd-Go(-3SD)、Pog’-Go(-2SD)、下顎の劣成長、後方回転により下顎頭前方部吸収像、及び気道狭窄が認められる。【診断】下顎後方回転を伴う上顎前突症。【治療方針】上顎舌側に矯正装置装着、上顎P・A装着、上顎左右4番を抜歯、上顎口蓋側76⏊67TAD埋入により上顎臼歯最大の固定及び上顎臼歯圧下による下顎オートローテーションをさせる。下顎唇側にブラケット装着。下顎左右4番を抜歯する。【治療経過】上下ワイヤーにてleveling後、上下左右4番抜歯、治療開始後1年経過し上顎前歯に反応見られず。その後マウスピース治療に変更し、ピエゾサージェリーを上顎前歯部に施術、良好な結果を得られた。
 
 東京都杉並区生まれ。昭和大学歯学部卒。

卒業後、矯正歯科博士課程を修了し、矯正科助手、兼任講師を経て「青山外
苑矯正歯科」を開院。
日本矯正歯科学会認定医、歯学博士、日本歯科医師会会員
1999年アメリカ ハーバード大学招待講演、ヨーロッパ矯正、
アジアンパシフィック矯正、アメリカ矯正、
日本矯正学会講演など多数。
趣味はテニス、大リーグテレビ観戦、ファッションなど。

20182019 Mclaughlin 2years program終了

日本アライナー矯正歯科研究会へのお問合せはこちら

アライナー矯正歯科医のための研究会「日本アライナー矯正歯科研究会」は、多くの患者様のニーズに合わせた治療を提供するため、アライナーの種類の垣根を超えたアライナー矯正治療について知識を共有し、深めるための研究会です。
メールにてお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP

  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP