2016 SPEAKER

  • 2014
  • 2015
  • 2016
  • 2017
  • 2018

▼ サムネールをクリックすると、各ドクターの来歴がご覧いただけます ▼

  • 尾島 賢治 先生
  • 有本 博英 先生
  • 久保田 衛 先生
  • 坂本 紗有見 先生
  • 大内 仁守 先生
  • 村上 久夫 先生
  • 大多良 俊光 先生
  • 安 吉祐 先生
  • 堀内 淳 先生
  • 檀 知里 先生
  • 西山 力 先生
  • 尾島 賢治 先生
  • Werner Schupp 先生
  • Yau Yi Kwong 先生
  • Narandr Chevangkul 先生
  • 有本 博英 先生
  • 篠原 範行 先生
  • 久保田 衛 先生
  • 坂本 紗有見 先生
  • 大内 仁守 先生
  • 村上 久夫 先生
  • 安 吉祐 先生
  • 石井一裕 先生
  • 檀 知里 先生
  • 尾島 賢治 先生
  • 菅原 準二 先生
  • Werner Schupp 先生
  • Yau Yi Kwong 先生
  • Narandr Chevangkul 先生
  • Francesco Garino 先生
  • Tommaso Castroflorio 先生
  • Kamy Malekian 先生
  • Sabrina Huang 先生
  • Wolfgang Boisserée 先生
  • 有本 博英 先生
  • 篠原 範行 先生
  • 河村 純 先生
  • 岡藤 範正 先生
  • 久保田 衛 先生
  • 坂本 紗有見 先生
  • 村上 久夫 先生
  • 安 吉祐 先生
  • Louis-Charles ROISIN 先生
  • 檀 知里 先生
  • 熊谷 友理子 先生
  • 尾島 賢治 先生
  • Ravi Nanda 先生
  • 菅原 準二 先生
  • Werner Schupp 先生
  • Yau Yi Kwong 先生
  • Narandr Chevangkul 先生
  • Francesco Garino 先生
  • Tommaso Castroflorio 先生
  • Kamy Malekian 先生
  • Wolfgang Boisserée 先生
  • David Couchat 先生
  • Sam Daher 先生
  • Stephen Chang 先生
  • 有本 博英 先生
  • 渡辺 仁資 先生
  • 村上 久夫 先生
  • Louis-Charles ROISIN 先生
  • 檀 知里 先生
  • 尾島 賢治 先生
  • Ravi Nanda 先生
  • 菅原 準二 先生
  • Yau Yi Kwong 先生
  • Narandr Chevangkul 先生
  • Kamy Malekian 先生
  • David Couchat 先生
  • Sam Daher 先生
  • Waddah Sabouni 先生
  • Alessandro Mario Greco 先生
  • Ken Sirikrai 先生
  • 渡辺 仁資 先生

安 吉祐 先生 中国可恩国際歯科 / KEEN international dental hospital

講演・研修イベント

第2回 日本アライナー矯正歯科研究会
【デジタル透明矯正の発展によるケンラインの提案】
Proposals of Kenline with regard to the Changes of Digital Clear Aligner
現在、矯正歯科だけでなく一般歯科の治療にも幅広く活用されている可撤式透明矯正装置(Invisible Orthodontic Appliance, 以下IOA)はは手作業とCAD/CAMをもちいた製作方法が両立しているが、近年、矯正専用CAD/CAMシステムの発展と3Dプリンターの普及から世界的にCAD/CAM製作方式のIOAマーケットが急激成長している。本講演では、CAD/CAM IOM治療を行っていく際に生じる臨床時の問題とその改善すべきことに関してIOA症例にて検討する。術前の診査・診断データー集積、3Dプリンティングの種類、矯正専用ソフトを紹介する.日本のケンライン®(ケン・デンタリックス(株)社)と 診査・診断データークラウドサービスを介する一般歯科治療と連携したIOM治療について講演したいと思う。
Currently, the Invisible Orthodontic Appliance (IOA),applied to general practice as well as to orthodontics, consists with productionmethods using CAD/CAM. However, over the years, the market of IOA using CAD/CAMhas been seeing rapid growth globally due to the development of orthodontics-only-CAD/CAMand the increased availability of 3D printers. This lecture reviews theproblems occurring whilst using CAD/CAM IOM and methodology to overcome theseproblems. Preoperative diagnosis/diagnostic data collection, types of 3Dprinting, and orthodontics-only-software will be introduced. Additionally, KENLINE® (KENDENTALX,Japan) and its IOM treatment which is connected with general practice throughits diagnosis system and the diagnosis data cloud service, will be discussed.
第1回 日本アライナー矯正歯科研究会
【世界の透明矯正とアンライナー】
Current state of the world's IOM(Invisible Orthodontic Appliance) and the introduction of Anligner
現在,矯正歯科だけでなく一般歯科の治療にも幅広く活用されている可撤式透明矯正装置(Invisible Orthodontic Appliance, 以下IOA)は1945年Dr.Harold Keslingが歯を漸進的に動かすために使用した伸縮性のゴム装置であるTooth Positionerから由来とされる.IOAは手作業とCAD/CAMをもちいた製作方法が両立しているが、近年,矯正専用CAD/CAMシステムの発展と3Dプリンターの普及から世界的にCAD/CAM製作方式のIOAマーケットが急激成長している.本講演では、CAD/CAM IOM治療を行っていく際の術前の診査・診断データー集積、3Dプリンティングの種類、矯正専用ソフトを紹介する.また日本のアンライナー○R (ケン・デンタリックス(株)社)と世界各国のCAD/CAM IOMについて講演したいと思う

来歴

2008年 鶴見大学歯学部卒業
2009年 日本歯科大学研修医終了
2014年 東京医科歯科大学歯学部付属病院回復系診療科インプラント外来(専攻生
2014年 東京医科歯科大学 インプラント・口腔再生医学 大学院研究生(現)
2014年  中国 南京金伯利歯科( 院長)
2015年 中国可恩国際歯科 / KEEN international dental hospital

4X9A4888 (2014年12月日本アライナー矯正歯科研究会)

 

2008     Graduated from BDS Tsurumi UniversityYokohama, Japan

2008     The Graduate school of Bacteriology atTsurumi Univ. (Yokohama, Japan), training Yokohama, Japan

2009     Internship at the Nippon Dental University(Tokyo, Japan)

2010-  Medical resident / researcher, the oralImplantology and regenerative dental medicine at Tokyo Medical and DentalUniversity Tokyo, Japan

2015-   Director / Foreign expert dentist, StomatologyDepartment of Implantology Center at Shanghai Punan Hospital of Pudong NewDistrict

2015-   Director / Visiting Researcher, KEEN DentalHospital Co., Ltd.

日本アライナー矯正歯科研究会へのお問合せはこちら

アライナー矯正歯科医のための研究会「日本アライナー矯正歯科研究会」は、多くの患者様のニーズに合わせた治療を提供するため、アライナーの種類の垣根を超えたアライナー矯正治療について知識を共有し、深めるための研究会です。
メールにてお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP

  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP