2014 SPEAKER

  • 2014
  • 2015
  • 2016
  • 2017
  • 2018

▼ サムネールをクリックすると、各ドクターの来歴がご覧いただけます ▼

  • 尾島 賢治 先生
  • 有本 博英 先生
  • 久保田 衛 先生
  • 坂本 紗有見 先生
  • 大内 仁守 先生
  • 村上 久夫 先生
  • 大多良 俊光 先生
  • 安 吉祐 先生
  • 堀内 淳 先生
  • 檀 知里 先生
  • 西山 力 先生
  • 尾島 賢治 先生
  • Werner Schupp 先生
  • Yau Yi Kwong 先生
  • Narandr Chevangkul 先生
  • 有本 博英 先生
  • 篠原 範行 先生
  • 久保田 衛 先生
  • 坂本 紗有見 先生
  • 大内 仁守 先生
  • 村上 久夫 先生
  • 安 吉祐 先生
  • 石井一裕 先生
  • 檀 知里 先生
  • 尾島 賢治 先生
  • 菅原 準二 先生
  • Werner Schupp 先生
  • Yau Yi Kwong 先生
  • Narandr Chevangkul 先生
  • Francesco Garino 先生
  • Tommaso Castroflorio 先生
  • Kamy Malekian 先生
  • Sabrina Huang 先生
  • Wolfgang Boisserée 先生
  • 有本 博英 先生
  • 篠原 範行 先生
  • 河村 純 先生
  • 岡藤 範正 先生
  • 久保田 衛 先生
  • 坂本 紗有見 先生
  • 村上 久夫 先生
  • 安 吉祐 先生
  • Louis-Charles ROISIN 先生
  • 檀 知里 先生
  • 熊谷 友理子 先生
  • 尾島 賢治 先生
  • Ravi Nanda 先生
  • 菅原 準二 先生
  • Werner Schupp 先生
  • Yau Yi Kwong 先生
  • Narandr Chevangkul 先生
  • Francesco Garino 先生
  • Tommaso Castroflorio 先生
  • Kamy Malekian 先生
  • Wolfgang Boisserée 先生
  • David Couchat 先生
  • Sam Daher 先生
  • Stephen Chang 先生
  • 有本 博英 先生
  • 渡辺 仁資 先生
  • 村上 久夫 先生
  • Louis-Charles ROISIN 先生
  • 檀 知里 先生
  • 尾島 賢治 先生
  • Ravi Nanda 先生
  • 菅原 準二 先生
  • Yau Yi Kwong 先生
  • Narandr Chevangkul 先生
  • Kamy Malekian 先生
  • David Couchat 先生
  • Sam Daher 先生
  • Waddah Sabouni 先生
  • Alessandro Mario Greco 先生
  • Ken Sirikrai 先生
  • Chen ChengWei 先生
  • 渡辺 仁資 先生
  • 村上 久夫 先生
  • 檀 知里 先生

久保田 衛 先生 くぼた矯正歯科クリニック・院長

講演・研修イベント

第3回 日本アライナー矯正歯科研究会
【インビザラインを用いた小臼歯抜歯治療】
Invisalign treatment for premolar extraction case
近年、インビザラインを始めとしたアライナー矯正治療が一般的に認知されるに従い、可撤式のマウスピースによる矯正治療を希望される患者さんが増加している。アライナー矯正治療の進歩は著しく治療のノウハウも蓄積されきたため、今日では比較的難易度の高い症例でも対応でき多くの患者のニーズに応えることが可能になってきた。しかし、一方では多くの矯正医にとっては、小臼歯抜歯症例など歯の移動量が大きくなる症例ではマルチブラケットシステムが治療の第1オプションでというのが実情である。
弊院においては小臼歯抜歯が必要な症例は患者の希望や症例の難易度を考慮しマルチブラケット、インビザライン、マルチブラケットとインビザラインのコンビネーションの3通りに分けて治療を行っている。
今回、弊院で行われている小臼歯抜歯症例についてインビザライン単独で治療を行った症例およびマルチブラケットシステムとインビザラインを併用して治療を行った症例を比較しつつ、治療方針の選択基準、クリンチェックの立案時に考慮すべきこと、ミッドコースコレクションの適用方法および時期について検討する。
Many kind of orthodontic treatment methods that use a series of tooth aligners like Invisalign are now known widely in Japan, and the number of the patients who want to treat their orthodontic treatments with these appliances increase rapidly. So the knowledges of aligner orthodontic treatment has been stocked that we orthodontists can treat comparatively difficult cases with these appliances. But, the multi-bracket system is still the first option for many orthodontists when they treat the premolar extraction cases.
In our clinic, we divide premolar extraction case into 3 treatment methods ( Invisalign, Multi-bracket and Combination of Invisalign and Multi-bracket) depend on the difficulty of the cases and the demand of the patients.
In this presentation, we compare the premolar extraction case using Invisalign alone with the case using both Invisalign and multi-bracket, and we suggest the selection criteria for Invisalign extraction case.
第1回 日本アライナー矯正歯科研究会
【インビザラインによる抜歯症例】
Extraction Orthodontic Treatment with Invisalign
近年、アライナー矯正には目覚ましい進歩が見られ、アライナー治療がこれまでのスタンダードであるマルチブラケット装置による矯正治療を席巻し始めています。一方、アライナー矯正ではまだマルチブラケット装置と同等の治療は難しいという認識が大半であり、特に小臼歯抜歯が必要になるような症例においてアライナー矯正は適応外と考えている矯正医が多いのではないかと思われる。抜歯症例では犬歯や大臼歯の移動量が相対的に大きくなるため、治療が進むに従いティッピングが生じアライナーの不適合が起こることがあり、結果として予定通りに歯を移動させることが難しくなるということをしばしば経験する。
今回、アライナーを用いて小臼歯や下顎前歯の抜歯により主訴の改善を図った症例について当院での取り組みを紹介する。クリンチェックをどのように設定すべきか、インビザライン単独では対応が難しいと判断した場合にはどのような対応をとるべきか、抜歯症例においてどのようなことに留意すべきかを中心に、今後アライナー矯正において予測実現性を高めて抜歯症例に対応するための展望について考察する。

来歴

1989年 私立白陵高等学校卒業
1989年 東北大学理学部入学
1993年 東北大学理学部卒業
1993年 東北大学歯学部入学
1999年 東北大学歯学部卒業
1999年 東北大学大学院歯学専攻科入学
2003年 東北大学歯学部歯学専攻科修了
2004年 東北大学(大学院歯学研究科)助手
2007年 くぼた矯正歯科クリニック院長
現在に至る

くぼた矯正歯科クリニック(http://www.kubota5888.com

4X9A5088 (2014年12月日本アライナー矯正歯科研究会)

日本アライナー矯正歯科研究会へのお問合せはこちら

アライナー矯正歯科医のための研究会「日本アライナー矯正歯科研究会」は、多くの患者様のニーズに合わせた治療を提供するため、アライナーの種類の垣根を超えたアライナー矯正治療について知識を共有し、深めるための研究会です。
メールにてお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP

  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP