2014 SPEAKER

  • 2014
  • 2015
  • 2016
  • 2017
  • 2018

Click thumbnail for check their abstract

  • Dr. 尾島 賢治
  • Dr. 有本 博英
  • Dr. 久保田 衛
  • Dr. 坂本 紗有見
  • Dr. 大内 仁守
  • Dr. 村上 久夫
  • Dr. 大多良 俊光
  • Dr. 安 吉祐
  • Dr. 堀内 淳
  • Dr. 檀 知里
  • Dr. 西山 力
  • Dr. 尾島 賢治
  • Dr. Werner Schupp
  • Dr. Yau Yi Kwong
  • Dr. Narandr Chevangkul
  • Dr. 有本 博英
  • Dr. 篠原 範行
  • Dr. 久保田 衛
  • Dr. 坂本 紗有見
  • Dr. 大内 仁守
  • Dr. 村上 久夫
  • Dr. 安 吉祐
  • Dr. 石井一裕
  • Dr. 檀 知里
  • Dr. 尾島 賢治
  • Dr. 菅原 準二
  • Dr. Werner Schupp
  • Dr. Yau Yi Kwong
  • Dr. Narandr Chevangkul
  • Dr. Francesco Garino
  • Dr. Tommaso Castroflorio
  • Dr. Kamy Malekian
  • Dr. Sabrina Huang
  • Dr. Wolfgang Boisserée
  • Dr. 有本 博英
  • Dr. 篠原 範行
  • Dr. 河村 純
  • Dr. 岡藤 範正
  • Dr. 久保田 衛
  • Dr. 坂本 紗有見
  • Dr. 村上 久夫
  • Dr. 安 吉祐
  • Dr. Louis-Charles ROISIN
  • Dr. 檀 知里
  • Dr. 熊谷 友理子
  • Dr. 尾島 賢治
  • Dr. Ravi Nanda
  • Dr. 菅原 準二
  • Dr. Werner Schupp
  • Dr. Yau Yi Kwong
  • Dr. Narandr Chevangkul
  • Dr. Francesco Garino
  • Dr. Tommaso Castroflorio
  • Dr. Kamy Malekian
  • Dr. Wolfgang Boisserée
  • Dr. David Couchat
  • Dr. Sam Daher
  • Dr. Stephen Chang
  • Dr. 有本 博英
  • Dr. 渡辺 仁資
  • Dr. 村上 久夫
  • Dr. Louis-Charles ROISIN
  • Dr. 檀 知里
  • Dr. 尾島 賢治
  • Dr. Ravi Nanda
  • Dr. 菅原 準二
  • Dr. Yau Yi Kwong
  • Dr. Narandr Chevangkul
  • Dr. Kamy Malekian
  • Dr. David Couchat
  • Dr. Sam Daher
  • Dr. Waddah Sabouni
  • Dr. Alessandro Mario Greco
  • Dr. Ken Sirikrai
  • Dr. 渡辺 仁資

Dr. Sayumi Sakamoto 銀座並木通り坂本矯正歯科クリニック

Abstract

Japan Academy of Aligner Orthodontics 2016
[Limited Orthodontic Treatment of Anterior teeth Using a System combining 2D(Bi-Dimensional Bracket and CPA(Clear Plastic Appliance)to Improve QOL of Patients]
Dentists specializing in orthodontics have many patients who visit the clinic for orthodontic tooth movement of permanent dentition.
Given that orthodontic treatment is generally considered to be feasible only in children, recently there is an increasing interest in the orthodontic tooth movement of permanent dentition in adults and an increasing number of patients request orthodontic treatment to improve their quality of life (
QOL) from their own perspective of aesthetics and lifetime health.For those patients who want to improve tooth crowding of a few anterior teeth, which is considered to associated with environmental factors (eating habits,oral dysfunction,etc.),aging and so forth besides genetic factors,the treatment-even if limited orthodontic treatment –must be as inconspicuous as possible,speedy , and painless, since patients such as high school students and adults have their own social life.
The 2D(Bi-Dimensional) Lingual Bracket &CPA(Clear Plastic Appliance)System introduced in the present study is a new limited orthodontic treatment system that improves the QOL of patients and satisfies their needs.
We present a few cases comprising indications in which this was used.
Japan Academy of Aligner Orthodontics 2014
【患者のQOL向上を目的とした2D(Bi-Dimensional)リンガルブラケット&CPA(Clear Plastic Appliance)システムを用いた前歯部限局矯正歯科治療】
当院には、立地の特異性か永久歯列矯正歯科治療患者が多く来院する。矯正歯科治療は、子供の時しかできないという概念から近年は、成人の永久歯列矯正歯科治療への関心も高まりつつあり、患者自身が審美的観点や生涯における健康等を考え、QOL向上のためにと矯正歯科治療を希望する患者が多くなってきている事は、矯正専門開業医院の皆様においては、日々実感されている事と思う。遺伝的要因に加え、環境的要因(食生活、口腔機能不良等)や加齢などから考えられる前歯部数本の叢生の改善を希望する患者には、限局的矯正歯科治療とはいえ中高生、成人患者それぞれに社会生活があるため、できる限り見えず、スピーディーに痛みも少ない治療の提供が要求される。

 そこで「2D(Bi-Dimensional)リンガルブラケット&CPA(Clear Plastic Appliance)システム」は、患者のQOL向上を叶え、また患者の要望に応える新しい限局矯正治療のシステムの一つである。このシステムの適応症・非適応症を交えながら治療を行った症例を供覧する。

History

1986 東京歯科大学卒業
東京歯科大学卒業後、東京歯科大学歯科矯正学講座 入局
1996 坂本歯科 副院長
2005 銀座並木通り坂本矯正歯科クリニック 院長

Affiliation Society

日本矯正歯科学会 認定医
日本臨床矯正歯科医会 医療管理担当理事
日本成人矯正歯科学会理事
日本舌側矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本アンチエイジング歯科学会 常任理事
日本アンチエイジング歯科学会 認定医
日本アンチエイジング歯科学会プリメントアドバイザー認定
日本アンチエイジング歯科学会メディカルアロマコーディネーター認定
日本アンチエイジング歯科学会ビューティーアドバイザー認定
バクテリアセラピスト認定
日本歯科人間ドック学会 認定医
日本歯周病学会
日本抗加齢医学会
抗加齢歯科医学研究会
日本顎変形症学会
日本口蓋裂学会
日本口腔筋機能療法学会
ラクトフェリン研究会
バイオプログレッシブ・スタディクラブ
東京都女性歯科医師の会
WDC(Women Dentists Club)

Contact JAAO Office

With support from Companies affiliated with aligner therapy, JAAO aims to become one of the most prestigious scientific societies in the world. If you want to sponsorship or interview us, please contact us.

Contact Us

  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP

  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP