2014 SPEAKER

  • 2014
  • 2015
  • 2016
  • 2017
  • 2018

Click thumbnail for check their abstract

  • Dr. 尾島 賢治
  • Dr. 有本 博英
  • Dr. 久保田 衛
  • Dr. 坂本 紗有見
  • Dr. 大内 仁守
  • Dr. 村上 久夫
  • Dr. 大多良 俊光
  • Dr. 安 吉祐
  • Dr. 堀内 淳
  • Dr. 檀 知里
  • Dr. 西山 力
  • Dr. 尾島 賢治
  • Dr. Werner Schupp
  • Dr. Yau Yi Kwong
  • Dr. Narandr Chevangkul
  • Dr. 有本 博英
  • Dr. 篠原 範行
  • Dr. 久保田 衛
  • Dr. 坂本 紗有見
  • Dr. 大内 仁守
  • Dr. 村上 久夫
  • Dr. 安 吉祐
  • Dr. 石井一裕
  • Dr. 檀 知里
  • Dr. 尾島 賢治
  • Dr. 菅原 準二
  • Dr. Werner Schupp
  • Dr. Yau Yi Kwong
  • Dr. Narandr Chevangkul
  • Dr. Francesco Garino
  • Dr. Tommaso Castroflorio
  • Dr. Kamy Malekian
  • Dr. Sabrina Huang
  • Dr. Wolfgang Boisserée
  • Dr. 有本 博英
  • Dr. 篠原 範行
  • Dr. 河村 純
  • Dr. 岡藤 範正
  • Dr. 久保田 衛
  • Dr. 坂本 紗有見
  • Dr. 村上 久夫
  • Dr. 安 吉祐
  • Dr. Louis-Charles ROISIN
  • Dr. 檀 知里
  • Dr. 熊谷 友理子
  • Dr. 尾島 賢治
  • Dr. Ravi Nanda
  • Dr. 菅原 準二
  • Dr. Werner Schupp
  • Dr. Yau Yi Kwong
  • Dr. Narandr Chevangkul
  • Dr. Francesco Garino
  • Dr. Tommaso Castroflorio
  • Dr. Kamy Malekian
  • Dr. Wolfgang Boisserée
  • Dr. David Couchat
  • Dr. Sam Daher
  • Dr. Stephen Chang
  • Dr. 有本 博英
  • Dr. 渡辺 仁資
  • Dr. 村上 久夫
  • Dr. Louis-Charles ROISIN
  • Dr. 檀 知里
  • Dr. 尾島 賢治
  • Dr. Ravi Nanda
  • Dr. 菅原 準二
  • Dr. Yau Yi Kwong
  • Dr. Narandr Chevangkul
  • Dr. Kamy Malekian
  • Dr. David Couchat
  • Dr. Sam Daher
  • Dr. Waddah Sabouni
  • Dr. Alessandro Mario Greco
  • Dr. Ken Sirikrai
  • Dr. Chen ChengWei
  • Dr. 渡辺 仁資
  • Dr. 村上 久夫
  • Dr. 檀 知里

Dr. Kimimori Ouchi

Abstract

Japan Academy of Aligner Orthodontics 2016
A case report of Angle Class I crowding with 4 bicuspid extraction
Japan Academy of Aligner Orthodontics 2014
[The Clinical Practice of Invisalign]
E.H.Angleにより現代矯正歯科学が体系づけられてから100年あまり、矯正歯科には様々なイノベーションが起こってきた。アライナー矯正もそのひとつである。
今回は筆者が経験したアライナー矯正症例3例をご供覧いただき、これからのアライナー矯正の可能性について皆様と考えてみたい。
 第一症例は重度の歯周疾患を有する、42歳の女性である。多数歯に渡り垂直的な骨吸収を認め、Hopelessで抜歯を余儀なくされた歯もある。歯周治療と平行して歯列矯正の依頼を受けたが、従来のワイヤーを長期間装着する治療は躊躇された。このためアライナーにて矯正を行い安定した結果を得た症例である。
 第二症例は審美的理由からアライナー矯正を選択されたが、治療中リアクションが生じたため、補完的にワイヤー矯正を併用し良好な咬合を獲得した症例である。
 第三症例は、初診時より治療途中で転居されることが決まっており、トランスファーを検討したが、アライナー矯正により遠隔治療を行い、現在も治療を続けている症例である。
 今後、患者の矯正治療に対するニーズは、ますます高まり且つ多様化して行くものと予想される。その中で治療の引出しのひとつにアライナー矯正を備えておく事は有用であると思われる。

History

1991 東京歯科大学卒業 歯科矯正学講座入局
1993 東京歯科大学 千葉病院助手
1994 東京歯科大学 歯科矯正学修了 東京歯科大学水道橋病院勤務
1999 日本矯正歯科学会認定医
2000 西東京市 おおうち矯正歯科小児歯科クリニック開設
2001 米国アングル矯正歯科学会会員
2011 日本矯正歯科学会専門医
2013 ボストン大学歯科矯正学 スペシャルレジデントプログラム修了

おおうち矯正歯科小児歯科クリニック(http://www.ouchi-dental.com

4X9A4926 (2014年12月日本アライナー矯正歯科研究会)

Contact JAAO Office

With support from Companies affiliated with aligner therapy, JAAO aims to become one of the most prestigious scientific societies in the world. If you want to sponsorship or interview us, please contact us.

Contact Us

  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP

  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP